Loading...

NEXT

瀬戸内国際芸術祭2022 ①

ままごと『あゆみ(短編)』

チラシ画像

瀬戸内国際芸術祭2013より、継続的に小豆島での演劇活動を行ってきた劇団「ままごと」。
これまで坂手エリアを中心に、島の歴史や記憶をリサーチし創作した【おさんぽ演劇】や島民と共に創り上げた肝試し演劇【小豆島きもだめスイッチ】、《劇場を作ろうとしたら、喫茶店になりました。》をキャッチコピーに立ち上げた海の見える喫茶店【喫茶ままごと】など、様々な形態の演劇作品を創作・上演してきました。


瀬戸内国際芸術祭2022では、演劇的な仕掛けに満ちた短編二作品を瀬戸内海の様々なシチュエーションで上演します。
1本目の作品は、柴幸男初期の短編演劇『あゆみ(短編)』。あゆみと未紀、二人の少女が過ごした時間を複数の俳優が歩き繋いでいく本作を、小豆島出身の俳優をむかえ、瀬戸内国際芸術祭 ver.としてリクリエーションします。


PHOTO:『あゆみ(短編)』(2022年 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館【撮影=村井勇】)

会期・会場

2022年11月3日[木祝]

【小豆島】小豆島町池田体育館

作・演出
柴幸男(ままごと)
出演
端田新菜 石倉来輝 小山薫子(以上 ままごと) 金田八愛子

日時

2022年11月3日[木祝]

13:00 / 16:30

◎ 受付は開演の30分前、開場は開演の20分前です。

◎ 上演時間は約40分を予定しています。

会場

【小豆島】小豆島町池田体育館

〒761-4301 香川県小豆郡小豆島町池田2046

TICKET

発売日=
2022年10月1日(土)AM10:00
前売:1,000(自由席) 当日:1,200(パスポート提示で1,000円) 小中高生:500(自由席)

*やむをえない事情により内容、出演者等が変更されることがあります。

*チケット料金は当日会場受付にてお支払いください。

*入場は当日来場者順にご案内します。

*予約者優先でご案内いたします。なお、座席に限りがあるため当日ご来場いただいてもご入場いただけない場合がございます。

*中高生の方は当日年齢のわかるものをご持参ください。

*車椅子の方、観劇にサポートを要する方は事前に mamagoto.org@gmail.com までご連絡ください。


*本公演は、瀬戸内国際芸術祭2022のガイドラインに基づき、新型コロナウィルス感染拡大予防対策を行い公演を実施します。また、今後の情勢によっては、公演開催や内容が変更になる場合がございます。公演の変更や感染症の対策についての注意事項、その他公演に関わる情報は、ままごとWEB・Twitterにて発信いたしますので、チケットのご購入・ご来場の前に必ずご確認ください。

取り扱い

STAFF

舞台監督=鐘築隼

衣裳=瀧澤日以(PHABLIC×KAZUI)

宣伝美術=関田浩平

制作=加藤仲葉(ままごと)、宮永琢生(ままごと)

協力=

醍醐ビル株式会社、ソシオミュゼ・デザイン株式会社、HUNCH、ZERO Project、シバイエンジン

企画制作=

ままごと[一般社団法人mamagoto]

主催=

瀬戸内国際芸術祭実行委員会